レナデックスを服用される
患者さん・ご家族の皆さま
メニュー
文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

多発性骨髄腫とはどのような病気なのでしょうか?

多発性骨髄腫(MM)とは、形質細胞という細胞に異常が起こった病気です。形質細胞は、骨髄と呼ばれる“血液の工場”でつくられる血液細胞のうち、白血球という血液細胞に含まれる Bリンパ球が変化してできる細胞です。Bリンパ球は、体内に細菌やウイルスなどの異物が入ってくると、形質細胞に変化して抗体をつくり、異物を攻撃することで、私たちの体を守ってくれています。

ところが、多発性骨髄腫では、この形質細胞に異常が起こり(これを「骨髄腫細胞」と呼びます)、異物を攻撃する能力をもたない抗体(これを「M蛋白」と呼びます)だけをつくるようになります。多発性骨髄腫では、骨髄腫細胞が、骨髄(血液の工場)でどんどん増え続けていきます。

多発性骨髄腫について詳しく知りたい方は「こつずいしゅ通信」へ