レナデックスを服用される
患者さん・ご家族の皆さま
メニュー
文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

レナデックス錠服用によるおもな副作用について

他のお薬と同様に、レナデックス錠でも、服用によって、副作用が起こる可能性があります。レナデックス錠治療による副作用があらわれた際には、次のような症状がみられます。副作用は早めに対応することが大切ですので、あらかじめ、その症状を理解しておきましょう。

  • 眠れない、夜中に目が覚める
    不眠症
  • 力が入らない、脱力感
    無力症
  • 疲れやすい
    疲労
  • 手足の感覚の違和感
    [さく]感覚
  • 筋肉のふるえ、しびれ
    筋痙攣[きんけいれん]
  • のどが渇く、尿量が増える
    高血糖

また、レナデックス錠治療によって起こる可能性がある重大な副作用は以下のとおりです。これらの副作用は重症化する前に対応することが大切です。症状がみられたら、次の診察日を待たず、すぐに主治医、薬剤師、看護師に連絡してください。

  • かぜのような症状、発熱
    誘発感染症、感染症の増悪
  • 体がだるい、吐き気、食欲不振
    続発性副腎皮質機能不全
  • のどが渇く、疲れやすい、尿量が増える
    糖尿病
  • 腹痛、胸やけ、吐き気
    消化性潰瘍[かいよう]
  • 強い腹痛
    消化管穿孔[せんこう]
  • 強い腹痛、背中の痛み
    膵炎
  • 気分の変化
    精神変調またはうつ状態
    • 気分が落ち込み、やる気が起こらない場合や、気分が高揚したり、怒りっぽくなったりする場合があります
  • ふるえ、しびれ
    痙攣[けいれん]
  • 腰や背中の痛み
    骨粗しょう症
  • 膝や股関節の痛み、歩行障害
    大腿骨[だいたいこつ]および上腕骨[じょうわんこつ]などの骨頭無菌性壊死[こつとうむきんせいえし]
  • 筋肉のこわばり、筋力の低下
    ミオパシー
  • 腰や背中の痛み、足のしびれ・まひ
    脊椎[せきつい]圧迫骨折
  • 手足など骨折した部位の痛みやはれ
    長骨[ちょうこつ]の病的骨折
  • 眼の痛み、視力の低下、頭痛
    緑内障
  • 眼のかすみ、光がまぶしい、視力の低下
    後嚢[こうのう]白内障
  • 息苦しい、激しい足の痛み、知覚のまひ
    血栓塞栓[けっせんそくせん]

症状がみられたら、すぐに主治医、薬剤師、看護師に連絡してください