ホーム > 患者向けトップ > レナデックスとは > お薬について

お薬について

レナデックス錠は、このような働きをもっています

レナデックス錠は副腎皮質ステロイドの一つで、骨髄腫細胞の増殖を抑える働きがあります。またレナデックス錠は、他の多発性骨髄腫のお薬といっしょに服用すると(併用)、そのお薬の効果を高める作用ももっていることが知られています。

レナデックス錠を用いる治療は、このように行います

多発性骨髄腫の治療には、レナデックス錠をそれだけで用いることもありますが、他のお薬と併用して用いることもあります。

レナデックス錠は、このように服用します

主治医に指示された量を指示された日に、シートから必ず取り出して、コップ1杯程度の水またはぬるま湯で飲んでください。レナデックス錠は、通常、成人の場合、40mg を1 日1 回4 日間、できれば決められた時間に服用します。続く数日間は、服用を休みます(休薬)。その後、また服用と休薬を繰り返します。

服用する量や服用する日数は、患者さんによって違いますので、主治医の指示にしたがってください。

重要

患者さんの状態や他に服用しているお薬があるかどうか、また副作用の症状があるかどうかなどに よって、服用する量や服用する日数などが変わりますので、必ず主治医の指示にしたがって服用してください。

  • 患者向けトップ
  • レナデックスとは
    • 治療を始めるにあたって
    • お薬について
    • 服用上の注意点
    • おもな副作用
    • こんなときはどうしたらいい?
    • 患者さん向け資料
  • 疾患情報
レブラミドに関するお問い合わせ
おくすり相談室
当社は日本製薬工業協会が提唱するくすり相談窓口の役割・使命に則り、くすりの適正使用情報をご提供しています 会員会社くすり相談窓口のポリシー

↑ ページトップへ